スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人それぞれ

ひさびさに観劇してきた
〒機功ぽすと〒さんの水と油でバシャバシャ

新人商社マン4人がいろいろなお題に対してディスカッションする、と言う設定

人それぞれに考えがあり、思いがあり、衝動がある

そのどれもが、見る人により正しいものであったり、間違ったものだったり、納得できるもの、できないものだったり

相手のことを思い行った行動でも、相手にとっては迷惑なことだったり

正しいと思ってやったことが、否定されたり

そんな失敗をしても、貫ける人、臆病になってしまう人

嫌なことに対して、真正面から向き合い反発する人、受け止める人、うまくかわす人

ホントいろいろだよね

時と場合、そして、心の状態

それでも、考え方変わるしねぇ

感情が反転するとか、凄く共感したしねぇ~

「好き」から「無関心」にはいきなりできないよね、やっぱり…



登場人物に誰に一番近いかなんて質問がアンケートにあったが、俺の場合、明らかに宇野さんだろう

自分の意見を持てず(持てないわけじゃなくて表に出せない)、溜め込んでしまう

そして、爆発してしまう

すごい共感しながら見てたなぁ

いろいろ、考えさせられる作品でした



それはそれとして、油原って、昔は速水のこと…

まっ、考え過ぎかなぁ~w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。